【徹底レポート!!】父島⇔母島 ははじま丸に乗船してみた!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

父島・二見港から母島・沖港までははじま丸に乗船してみました!

スポンサーリンク

ははじま丸 父島⇔母島

ははじま丸 乗船券発売所

ははじま丸は予約制ではありません。きっぷはははじま丸船客待合所内の乗船券発売所で購入します。クレジットカードは使用できませんでした。

きっぷを購入すると「ご乗船人名票」を渡されるので乗船までに記入します。きっぷは下船時に回収されます。

ははじま丸の船内に入るとすぐに旅客座席(雑魚寝部屋)にするか旅客椅子席にするか選択しなければいけません。入って右側が椅子席で左側が雑魚寝部屋です。別料金がかかる特別室は2階です。

旅客椅子席

旅客椅子席後方に授乳席と優先席があります。

授乳席・優先席

雑魚寝部屋

雑魚寝部屋奥に冷蔵庫があります。

冷蔵庫

ははじま丸入口横に自動販売機があります。

自動販売機

ははじま丸には冷水器があります。

冷水器

トイレはウォッシュレット付きでした。

トイレ

ははじま丸にはバリアフリートイレがあります。

バリアフリートイレ

ははじま丸にはハンディキャップルームがあります。

ハンディキャップルーム

ははじま丸には多目的室があります。

多目的室

ははじま丸には荷物置き場があります。

荷物置き場

私が乗船したときは荒天のため外部デッキには出られませんでした。

父島までは約2時間で到着しました。

帰りのきっぷは沖港船客待合所内のチケット売場で買えます。乗船1時間前から販売開始でした。

ははじま丸 チケット売場

感想

父島と母島を結ぶ伊豆諸島開発株式会社のははじま丸に乗ってみました。

ははじま丸の乗船場所はおがさわら丸乗船場所の隣にあります。

父島から母島までの乗船時間は約2時間です。

私は往路は椅子席を利用、復路は雑魚寝部屋を利用しました。雑魚寝部屋の方が人気があるようですぐに場所が埋まってしまいます。確かに椅子に座っているより雑魚寝部屋で横になっていた方が楽でした。ははじま丸はけっこう揺れるので横になって寝ていた方が良いかもしれません。

椅子席でも窓側の場所は人気です。窓側の座席を確保したい方は早めに並んでいた方がよいかもしれません。

母島から出港するときはお見送りがありました。おがさわら丸のように大々的なお見送りではありませんが、ははじま丸のお見送りも素敵でした。