【JR四国】バースデイきっぷを使ってみた!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JR四国線全線が3日間乗り放題になる「バースデイきっぷ」を買ってみました!

スポンサーリンク

JR四国バースデイきっぷ

バースデイきっぷには「グリーン車用(13,000円)」と「普通車自由席用(9,500円)」があります。JR四国の駅のみどりの窓口、ワープ支店、駅ワーププラザおよび、四国内の主な旅行会社で購入することができます。

私はみどりの窓口で普通車自由席用を購入しました。

バースデイきっぷ(自由席・本人様用)

「ご本人様用」は出発日(きっぷの有効期間開始日)がご利用のお客さまの誕生月の場合に発売されます。バースデイきっぷ購入時に誕生月であることを示す公的証明書の提示が必要です。私はみどりの窓口で購入しましたが、バースデイきっぷ購入時にお名前と誕生月を駅員さんに手書きで記入されました。

バースデイきっぷ(自由席・お連れ様用)

「お連れ様用」は「ご本人様用」と全行程同一でご旅行される場合に「ご本人様用」1枚につき3名まで買うことができます。

バースデイきっぷは、JR四国線全線(宇多津~児島間を含む)及び土佐くろしお鉄道線全線の特急列車及び普通列車が乗り降り自由になります。また、阿佐海岸鉄道線全線と、JR四国バスのうち路線バス[大栃線(土佐山田~アンパンマンミュージアム前~大栃間)、久万高原線(松山~砥部~久万高原間)]に乗車できます。

バースデイきっぷ自由席用では特急列車の自由席に乗車可能です。特急列車では車内検札がありましたが本人確認などはされませんでした。検札時に降車駅(行き先)を聞かれました。

駅から出るときと駅に入るときは改札でバースデイきっぷを駅員さんに見せることで通過できます。このときも本人確認などはされませんでした。無人駅で降車するときは降車時にバースデイきっぷを車掌さんに見せればOKです。

感想

JR四国のお得なきっぷ「バースデイきっぷ」を3日間使ってみました。自由席用なら3日間で9,500円以上乗車すれば元を取ることができます。特急列車の自由席が利用できるのでコスパは高いと思います。誕生月内の出発なら連続した3日間乗り放題になるので、誕生月に四国を電車旅されるならぜひ検討してみてください。実質1日当たり3,167円で乗り放題になります。発売期間は平成31年3月31日までとなっていますが、平成31年3月31日以降も発売延長されることを期待したいです。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする