【使い方を解説!!】東海汽船の株主優待券を使ってみた!インターネット予約も可能!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東海汽船の株主優待券を使って、東京⇔大島 高速ジェット船の乗船券を株主優待割引で購入できました!

私はインターネット予約でクレジットカード決済をした後、乗船日に窓口で株主優待券を使ってインターネット割引運賃と株主優待割引運賃の差額を現金で返金してもらいました。

スポンサーリンク

東海汽船 株主優待券の使用方法

株主優待券 表面

株主優待券 裏面

竹芝客船ターミナル

竹芝客船ターミナル内

乗船券

受領証

東海汽船の株主優待券は全航路の全等級について、お一人様乗船一区間乗船割引券1枚にて所定運賃の35%引(7月、8月のご乗船は25%引)となります。ただし、島嶼において同日に同一方向の他の船に乗り継いでご利用になる場合に限り一区間として発売します。

往復で利用する場合は株主優待券が1人につき2枚必要になります。例えば、2人で往復利用する場合は4枚必要になります。

株主優待券は高速ジェット船の利用も可能です。私は東京⇔大島のジェット船を往復で利用しました。

株主優待券の使用方法は、チケット売場で株主優待券を渡せばOKです。株主の本人確認などはありませんでした。

インターネット予約でクレジットカード決済後利用される場合は、当日インターネット割引運賃と株主優待割引運賃の差額を現金で返金されます。返金時に受領証にサインして現金を受け取ります。

ちなみに、インターネット予約時に株主優待券は必要ありません。乗船日当日チケット引き換え時までに株主優待券を用意しておけばOKです。

東海汽船の株主優待券は、オークションや金券ショップなどでも販売されているので容易に入手できるかと思います。

東海汽船の株主優待券を利用してお得に船旅してみてください!